now loading...

施工管理|人を知る|株式会社アキュラホームの新卒採用サイト|住宅・不動産業界に興味のある新卒の方へ

40周年

株式会社アキュラホーム 企業サイトへ

リクナビ

マイナビ

2014年入社 施工管理 山下 功生

人を知る施工管理

現場の一人、施工管理として、
お客様の大切な家づくりの安全を守る

名前
山下 功生
入社年
2014年
学部・学科
生産工学部 建築工学科学科

新人の現場監督は、ベテランの職人に育てられる。

もともと建築の分野に興味があり、就職活動も建築業界に絞って取り組みました。最初は、大きなビルなどを建てる大手ゼネコン企業も受けていたのですが、暮らす人のことを想像しながら働きたいと考えるようになり、さらにマンションよりも戸建ての方がお客さまと深く関われると思い、住宅メーカーを受けるように。アキュラホームは、もともと営業職が楽しそうだと感じて会社説明会に行ったのですが、そのときに家づくりの現場で働く人たちが積極的に「適正価格の家づくり」に取り組んでいることがわかったんです。例えば、1つの部材、1本の釘、1つの工程を細かく見直して、いかにお求めやすい価格で高品質な家をつくれるかを考えていたり、工務店やビルダーさんとネットワークをつくるといった他社にはない取り組みをしていたり。常にお客さまの思いを優先する姿勢に感銘を受けて「この会社なら、営業ではなく現場の一人として適正価格の家づくりに挑戦したい!」と思ったんです。

新人の現場監督は、ベテランの職人に育てられる。

初めて施工管理として物件を任されたときは、本当に緊張しました。頭でわかったつもりでいても、実際の現場となると責任感がまったく違うんですね。例えば、入社2年目の私に対して大ベテランの職人さんが「ここどうするの?」と当たり前のように質問してくるのですが、最初はそれだけでプレッシャーでした。当然分からないことが多いので、上司や設計の方に確認しながら対応する毎日。今でも現場の皆さんには、新人として振る舞うことを心がけています。知ったかぶりをせず、わからないことは素直に聞いて、こつこつとノウハウを蓄えるよう心がけています。ときどき、お客さま、営業、設計、現場の板挟みのような状態になり大変なこともありますが、それだけ施工管理が重要なポジションであることを実感します。やはりお客さまの大切な家づくりを任されていること、そして安全第一で仕事を進めていくことが施工管理の責任ですからね。

写真

理想の家をつくり、安全な現場をつくる責任。

現場では、お客さまとコミュニケーション取りながら家づくりを進めていきます。設計図や職人どうしの会話では、サイズもミリ単位で専門用語を使って話すのが当たり前ですが、お客さまには専門用語を使わずに、単位もセンチで伝えるなどわかりやすい説明を心がけています。また、電気のスイッチやコンセントの高さ、備え付けの棚の高さなど、図面だけではイメージしにくかったところを、現場で確認しながら修正するなど、できるだけお客さまのリクエストに応えられるよう対応しています。おそらく若い人が担当だと、お客さまも不安だと思うんです。家づくりを進める中でその不安が解消でき、信頼関係が生まれたときは素直にうれしいですね。そして何よりも、お客さまの家が完成して、引き渡しのときに喜んでいる姿を見るときにやりがいを感じますし、背筋が伸びる思いがします。

理想の家をつくり、安全な現場をつくる責任。

アキュラホームの現場では、月1回ペースで安全パトロールを行っていて、業者の方や上司が現場に訪れることがあります。最近のパトロールで私の現場を見た上司から「整理整頓が行き届いているね」と言われたことは、ホッとしたと同時に施工管理として少しは成長できたのかなと感じました。とにかく整理整頓が行き届いた現場って、職人の心意気も感じますし何より安全な現場なんです。そこにはこれからもこだわっていきたいですね。また、私の面倒を見てくれたOJTトレーナーがとにかく知識も経験も豊富な方でした。これから自分にも後輩ができたときには、お手本になれるよう成長したいと思っています。あとは現場に直結する知識が得られるので「1級・2級施行管理技士」や「2級建築士」といった資格取得の勉強にも取り組む予定です。これからもベテランの大工さんや職人さんに囲まれて経験を積んでいきます。そのうち、自分の判断で的確な指示を出したり、効率的な工事の段取りができたり、とにかく頼りがいのある現場監督として一人前になりたい。そのためにも、日々の仕事に一生懸命取り組んでいこうと思います。